SKE48運営会社がアイドル養成所を開校 料金や募集はいつから?

芸能ニュース

SKE48の運営会社、株式会社SKEが次世代のアイドルやタレント・声優などを育成するエンターテインメント・芸能専門の養成スクール開校に向けた準備を開始すると発表しました。

SKE48は名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループであり、秋元康さんが総合プロデュースを手掛けるAKB48グループの1つです。

引用:中日ドラゴンズ公式サイト

メンバーには松井珠理奈さんや、須田 亜香里さんなどが在籍しています。

この記事では株式会社SKEが新しく開校するアイドル養成所の料金や募集期間など気になったことをまとめてみました。

アイドル養成所を開校 レッスン内容は?

SKEのように王道アイドルだけの養成所かと思っていましたが、このようなことが記載されていました。

当社が開校を計画している養成スクールは、ダンスや歌唱、演技のほか、声優や2.5次元と言われる舞台など様々なジャンルの最前線において現役で活躍し、豊富な経験を有する各方面のプロを講師として迎える体制を想定しており、アイドルやタレント、パフォーマーとして活躍する夢を目指す小学生などのジュニアを中心に、様々な年代の若者が、個々のレベルやジャンルに応じたレッスン、オーディション対策までを総合的に学べるエンターテインメント総合養成スクールとしての運営を目指しております。

引用:@Press

声優や舞台など幅広いアイドルを育成していくようです。

また、SKE48メンバーとのコラボ企画やメンバーを講師とした特別レッスンも予定しているようですが、入所するレッスン生としては主要メンバーから教わりたい気持ちもあるのではないでしょうか。

アイドル養成所を開校 募集はいつから?

募集開始は2019年8月からのようです。

■開校要旨

名称      :未定

開校地域    :名古屋市中心エリア(名古屋駅周辺又は栄駅周辺を予定)

開校時期    :2019年10月頃

(一次募集:2019年8月 二次募集:2019年9月(予定))

開校クラス   :4プログラム

(ヴォーカル、ダンス、声優、タレント・アクターを予定)

開校コース   :各クラス3コース(全12コースを予定)

募集生徒数、料金:未定

 

引用:@Press

 

開校場所が名古屋ということで参加できる人も限られてきますが、チャンスを掴みたい人が多くいるので、かなりの人が募集するのではないかと思います。

AKBグループであるということを考えると女性のみになるのでしょうか?

そこの記載はないので男性も募集できるのか気になりますね。

ただ、SKEメンバーが講師をするとなれば、やはり女性のみの可能性が高い気がします。

アイドル養成所を開校 年齢制限はあるの?

年齢制限についても何も書かれていませんでしたが、普通にオーディションと同じぐらいと考えれば、上限は20歳までではないかと考えられます。

18歳までだったり22歳までだったりと、募集するアイドルグループによってバラバラかと思いますが、養成所となればすぐにデビューをするわけではないので期間を考えるとそれぐらいか18歳までになるかと思われます。

最低年齢はどれぐらいかは分かりませんが、先ほどのレッスン内容の引用文章に「小学生などのジュニアをを中心に」と書かれていてので若い子を積極的に採用していく形になるかもしれません。

アイドル養成所を開校 ネットの反応

これに対してネットの反応はどうだったのでしょうか?

「若い人を育成しても絶対のエース様と上が詰まっている限り先がないでは。」

 

「セカンドキャリアがあるなら親も安心だね。
なんか将来的にアイドルやるならSKEがいいってなりそう。色々な事業展開している企業が母体だと強いね」

 

「パワハラ女王が君臨する残念すぎる集団
親御さんは、よく考えた方がいいですね。」

 

「いらないでしよ
AKSからキーホルダーに変わっても
結局秋元康が関わってるならNGT同様な
事件があるだろうね
名古屋に住んでいますが必要ない」

 

「名古屋だけでもアイドルの供給過多・・・。」

 

「SKE48のオーディションを受ける前に
このスクールへ通う人がいるでしょうね」

引用:Yahoo!ニュース

あまりいい意見は多く見受けられませんでした。

確かにアイドル人口はかなり多いですし、成功している人は少ないと思います。

これ以上増やしてどうするのか、というところでもありますがやはり需要があるので減ることはないでしょう。

まとめ

アイドルや声優を目指す人が増えてくる一方で、成功する人の数は多くありません。

養成所は夢を目指す場所でもあり、現実を突きつけられる場所でもあります。

個人的にはレッスン料が会社の資金になるだけと思っているので、ビジネスの一環でしかないのでは?と感じています。

詳しいことが分かり次第、また追記していきたいと思います。